被災地での住まいの復興が進む中、住民主体の地域づくりに対する関心がこれまで以上に高まっています。

 どのように住民主体の地域づくりを進めていくか、そのヒントを「小規模多機能自治」と呼ばれる取り組みに学ぼうと、今回の勉強会を企画しました。

 小規模多機能自治は、地域自主組織による課題解決型の住民自治のしくみで、全国的にも注目を集めており、取り組みも各地に広まっています。地域づくりに関心のある方は、この機会にぜひご参加ください!

■日時: 2017年3月7日(火)13:30-16:30
■場所: 岩沼市民会館・中央公民館 第5会議室
■講師: 川北秀人さん(IIHOE [人と組織と地球のための国際研究所] 代表者)
■対象: 市民活動団体、地縁団体、行政職員、社協職員など住民主体の地域づくりに関心のある方
■内容: 地域データ分析や他地域事例の紹介と、住民主体の地域づくりのしくみである小規模多機能自治の解説講義、質疑応答などを行います。
■参加費: 2,000円
※テキスト代500円を含みます。テキストの「ソシオマネジメント第3号」をご持参の方は参加費を1,500円とします。

ソシオ・マネジメント第3号「小規模多機能自治~総働で人「交」密度を高める」

■申込み: ウェブのフォームからお申込みください。
 ⇒ https://ssl.form-mailer.jp/fms/0c2b5c3a493461

■問合せ先: 地星社の問合せフォームからお問い合わせください。
■主催: 特定非営利活動法人地星社
■協力: おらほの自治を考える会

【川北秀人さんプロフィール】
1964年大阪生まれ。87年に京都大学卒業後、(株)リクルートに入社。国際採用・広報・営業支援などを担当し、91年に退職。その後、国際青年交流NGO「オペレーション・ローリー・ジャパン」の代表や国会議員の政策担当秘書などを務め、94年にIIHOE設立。大小さまざまなNPOのマネジメント支援を毎年100件以上、社会責任志向の企業のCSRマネジメントを毎年10社以上支援するとともに、NPOと行政との協働の基盤づくりも支援している。